January 19, 2018

You are here: / Uncategorized

Uncategorized

  • 自主避難者及び放射能測定についての記者会見

    以下は 2017年1月27日の外国人特派員協会の記者会見の書き起こしです。この記者会見のYoutube ビデオの名前はMatsumoto, Ishimaru & Yoshida: "Fukushima Voluntary Evacuees on Verge of Losing Homes"です。検索しても出てこない場合は、Kumamoto, Murata & Nakate: "Fukushima Evacuees Face New Hardship Six Years On"で検索すると左側に次の動画として出て来ます。 司会:この記者会見を始めたいと思います。私の名前はイアントーマスアッシュです。私は外国人特派員協会の会員で、ドキュメンタリー映画の制作者です。私は福島の映画を二本制作しました。放射能によって汚染された地域に住んでいる子供についての映画です。私は本日の司会を務めさせて頂き、光栄です。時間があまりないので、本日のスピーカーに早速自己紹介をして頂きましょう。初めに、本を出版されている吉田千亜さんに自己紹介をして頂きます。お願い致します。 吉田千亜氏のスピーチ。 私は原発事故の取材を続けているライターの吉田千亜と申します。去年2016年の2月にルポ母子避難という岩波新書から本を書かせて頂きました。今日は区域外避難者の方のお話をさせて頂きます。 私の方から区域外避難者の差し迫った窮状についてお話致します。この区域外避難者は政府によって放射能汚染の被害を矮小化された為に、必要のなかった避難として歴史から消されゆく人々です。福島県だけではなく、福島県外、関東圏からの避難者も多くいますが、政府はその正確な数字を把握していません。あと2ヶ月、2017年3月末を持って福島県からの区域外避難者26601人が、今住んでる住宅から追い出されます。昨年11月のアンケートによると、そのうちのおよそ70%の人、単純計算で18000人以上の人が4月以降にどこに住むかが決まっていない状態です。最初に住まいを追われる区域外避難者について説明します。原発の事故後政府は年間20ミリシーベルト以上の地域には避難指示を出しましたが、20ミリシーベルト以下の地域には避難の指示を出しませんでした。政府は3.8マイクロシーベルト毎時まで、小学校の校庭を利用してもいいと許可をしました。その数値は、原発事故前の約127倍の数値に当たります。当然子供にそんな高い放射線量を許容させたくないという保護者は、子供を連れて避難することを決めました。その人々を区域外避難者と言います。区域外避難者はこのスライドにあるような方々です。 政府によって被害が矮小化され、年間20ミリシーベルト以下の場所は放射能汚染の被害が無かったかのように扱われました。そのため東京電力による定期的な賠償もなく、唯一避難住宅が提供されていたのです。日本人も区域外避難者に賠償があるという勘違いをしています。子供を被爆からできるだけ遠ざけたいという思いで避難をしている人達ですが、賠償がないため、夫は避難をせずに被災地に残って仕事を続け、母と子供だけで避難しているいわゆる母子避難世帯も多くいます。 その区域外避難者の方達はこの5年10ヶ月、何とか避難生活を過ごしてきましたが、今、二つのいずれかの選択を強要されています。一つは強制的な帰還。望まない被爆を強いられる。あるいは家賃を負担することになるという生活困窮というものです。 良く政府は住んでいる人がいるのだから戻ることができないだろうと言うロジックで、区域外避難者の方達を追いつめます。確かに住んでいる方は、いらっしゃるのですが、その中にも、その人々の中にも放射能汚染の被害と隣り合わせで、悩みながら暮らし、何とか子供を被爆から守りたいと思っている母親がたくさんいます。そういった方達と一緒に私は通学路の測定を行ったりしていますが、スライドの方にあるように、例えばそういったホットスポットの中には、事故前の236倍もの数値が発見されたこともあります。しかもこれは事故後の数値ではなく、事故から3年以上経ったときのものです。 良く政府は住んでいる人がいるのだから戻ることができないだろうと言うロジックで、区域外避難者の方達を追いつめます。確かに住んでいる方は、いらっしゃるのですが、その中にも、その人々の中にも放射能汚染の被害と隣り合わせで、悩みながら暮らし、何とか子供を被爆から守りたいと思っている母親がたくさんいます。そういった方達と一緒に私は通学路の測定を行ったりしていますが、スライドの方にあるように、例えばそういったホットスポットの中には、事故前の236倍もの数値が発見されたこともあります。しかもこれは事故後の数値ではなく、事故から3年以上経ったときのものです。本来向き合うべき放射能汚染はなかったことにされて、行政によって細かく測定されているわけでもありません。なぜこのようなホットスポットが残るのかは、この後に石丸偉丈さんの方からも説明してもらいます。 そういった地域から避難している区域外避難者の方達には特有な被害があります。精神的な負担、経済的な負担です。精神的な負担としては、例えば国が大丈夫だと言っているのに、なぜ避難するのか。ここに避難している理由を全方位の人に説明しなければならない理不尽さを抱えています。また離婚問題、いじめ問題、それからたった一人で子育てをしなくてはならないという孤独を抱える人、そういった精神的な負担から私が出会った区域外避難者の特に母子避難の母親は、突発性難聴、不妊、円形脱毛症、不眠、鬱などが現れていました。もう一つの経済的な負担としては、やはり賠償がない中での避難生活、貯金を切り崩し、保険を解約し、自分の親に借金をして引っ越し費用もままならないという方もいます。そういった人達にとって住宅の供与は命綱でした。その命綱が断ち切られる人達が1万8000人以上いる中、その被害はオリンピック、絆、復興といった希望を表現するスローガンで隠されています。東京オリンピックが開かれるここ東京都にも区域外避難者は推定で2000人程はいて、その人達の中にも未だに次の住まいが見つからずに、不安を抱えて過ごしている方がいます。子供と一緒に路上生活をするしかない、子供を殺して自分も死のうと思った、避難生活のなかで今が一番辛い。次の住宅の手続きをしたくても書類を書く為に布団から出ることもできないという方もいます。次にお話をして下さる松本のり子さんもその区域外避難者のお一人です。こういった場で発言したくても、放射能汚染の被害や事実を語ることで、復興の妨げになる、裏切り者と言われることもあり、なかなかできないという人がいる中、勇気を出して発信して下さいます。このまま絶望する人が一人も出ないように、国と事故の加害者である東京電力に早急な対応を求めるとともに、多くの人に関心を持って頂いて考えて頂きたいと願っています。 司会:質問の時間を最大限取る為に、一人のスピーカーの持ち時間は10分となっています。最後の質問の時間を楽しみにお待ち下さい。(吉田さんに対して)お話をシェアして下さってありがとうございました。それでは次に松本さんにお話をして頂きましょう。…

    Read more
  • Kusmi Tea

    A prominent French tea maker, Kusmi Tea, is opening a store temporarily at Tokyo Midtown Mall from March 16th to April 9th.

    Read more
  • 三人の避難者団体代表による外国人特派員協会での記者会見

    3月9日に3人の避難者団体代表が原発の避難者が置かれている悲惨な状況について、外国人特派員協会で記者会見を開きました。この3人は熊本美彌子氏(原発事故被害者団体連絡会、幹事)、村田弘氏( 原発被害者訴訟原発団全国連絡会 共同代表)、中手聖一氏(「避難の権利」を求める全国避難者の会、共同代表)です。3人は、全ての避難者を代表して、様々な問題について語りました。 熊本氏は6年が経とうとしているのに、現在も8万人が避難生活をしていると報告しました。そして8万人の避難者のうち、およそ3万2千人が政府の指定した避難区域外からの自主避難者、であると述べました。また熊本氏は、およそ3万2千人の住宅の無償提供が3月末に終わる予定であり、そしてこのことは、自主避難者を福島に帰るか、困窮かの難しい選択を強いると語りました。熊本氏はこのことは、母子家庭に特に大きなダメージを与えることになると言いました。 村上氏は、2020年の東京オリンピックが近づくにつれ、原子力発電所の事故の被害者がいなくなっているという印象を国際社会に与えようと努力していると述べました。彼は被災者にとっての最大の悲劇は、被災者の味方になるべき福島県知事が政府と同じことをより熱心にしていることだと述べました。 中手氏は政府は原発の事故の被害を矮小化していると批判しました。また中手氏は政府は、事故は収束したと、避難者はいなくなったと宣伝しようとしているが、これは事実に反すると述べました。 この記者会見のYoutube ビデオのタイトルはKumamoto, Murata & Nakate: "Fukushima Evacuees Face New Hardship Six Years On"です。 以下敬称略 熊本 美彌子 (原発事故被害者団体連絡会) 4:40− 私は熊本美彌子と申します。私は今私たち避難者が置かれている実情についてお話しをしたいと思います。 現在も避難生活をしている被難者というのは、約8万人います。 現在避難指示の解除、それから損害賠償の1年後の打ち切り、それから3月末、この3月末で、住宅の無償提供が終わると、打ち切られるという、そういう状態の中に置かれております。 8万人のうちの3万2300というのが、この3月で住宅の無償提供が打ち切られる世帯の数です。あっごめんなさい。避難者の数です。 その多くは放射能の健康被害を恐れて母親と子供だけで避難した母子世帯、それと親戚だとか、知り合いを頼って避難した年寄りです。 これらの人々というのは、日本政府による避難指示区域外からの避難者である為に、自主避難者と呼ばれています。その人達に対する賠償というのは非常に少なく、避難生活を支える唯一の命綱である住宅の提供を打ち切られることによって、帰還か困窮かの二者択一を迫られております。 避難者への住宅の提供というのは、災害救助法に基づくものです。原発事故の避難者というのは、全国に及びました。公営住宅を提供しているのは避難先の自治体です。しかし、この住宅の提供の継続を決めるのは福島県であるという通達が、2013年4月になされました。 2015年の6月15日に福島県知事が2017年3月末で、区域外避難者への住宅の無償提供を打ち切るという方針を発表しました。 その後になって福島県は去年の1月ですが、住まいに関する移行調査というのを実施しました。対象となる世帯は1万2436世帯、回答は7067世帯、でうち県外が3453世帯です。そのうちの77.7%が2017年4月からの住まいは決まっていないという風に答えました。 私達被害者の団体は、住宅の無償提供を継続、それから一人も路頭に迷わせないということで、福島県や避難先自治体、国と交渉を続けて来ましたけれども、何らそれが実現することなく、現在を迎えてしまいました。 今、避難者はただ一つの支援策である、住宅の無償提供が打ち切られる状態になっていて、母子世帯は非常に困惑しております。…

    Read more
  • 沈黙ーサイレンス日本人俳優による外国特派員協会での記者会見

    映画「沈黙−サイレンス」に出演した三人の日本人俳優が、1月13日に外国人特派員協会で記者会見を開きました。三人の俳優は、キチジローを演じた窪塚洋介、通辞を演じた浅野忠信、尋問官井上政重を演じたイッセー尾形です。「沈黙−サイレンス」は、1600年代の長崎で起きたキリシタン弾圧を描いています。二人のポルトガル人の司祭、ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライバー)は、消息を絶ったフェレイラ神父(リーアム・ニーソン)を探すために日本へとやってきます。この映画は、遠藤周作による同名の小説に基づいています。遠藤氏は主に弱き人間と神というテーマについて小説を書きました。映画は1月21日に日本の映画館で公開になりました。 マーティンスコセッシ監督は、若かった時に司祭になることを夢見ました。彼は今まで読んだ信仰に関する本の中で、一番いい本だと考えました。彼はこの小説を映画化したいと28年前からずっと思っていましたが、多くの問題があり、映画化されるまで長い時間がかかりました。 記者会見で、「沈黙−サイレンス」の見所は何かと訪ねられると、窪塚氏は神が沈黙しているということであり、そして、神が何を言わんとしているか知りたければ、自分の心の深奥に入っていくしかないと答えると、会場から拍手がわき起こりました。この答えを聞いたイッセー尾形氏は、良かったと言ました。そして、神はいつ話をしたのでしょうか?と質問を会場に投げかけました。映画の見所について、イッセー尾形氏は、「沈黙−サイレンス」は日常生活とはかけ離れた過酷な状況に置かれた人間達を描いているけど、映画を見終わると生涯続くであろう清らかさが胸に残っていることだと答えました。 また、原作と映画の違いについて、訪ねられると、窪塚氏は最後のシーンで、棺桶に入ったロドリゴが小さな十字架を手の中に握っているのを映し出されるが、このシーンは小説には書かれていなかったと述べました。しかし、遠藤氏の弟子の加藤宗哉氏によると、遠藤氏が描きたかったのはそうゆうことだったと語りました。 三人とも、スコセッシ監督の、俳優に演技を委ねる独特の演出方法がすばらしかったと語りました。尾形氏はスコセッシ監督の演出方法のおかげで、井上を独創的にかつ、自由に演じることができたと語りました。 窪塚氏は、マーティンスコセッシは現場では王様のようで、ただいてくれるだけで、演技がとてもしやすくなり、自分が実際の2〜3倍素晴らしい俳優になったように感じられたと述べました。 浅野氏も、スコセッシ監督が演技について自由を与えてくれたことがとても良かったと語ました。そして、監督は、役者が何をしても止めようとしない、そしてこのことは、俳優にとって演技をするのをとても楽しくさせてくれると述べました。浅野氏はアンドリュー・ガーフィールドが檻にとらわれているアンドリュー・ガーフィールドと話をするシーンで、台本ではガーフィールドは檻の中にいるはずなのに、突然折から出て、走って逃げてしまい、それを浅野氏は追いかけたことがあると言いました。そして浅野氏はこのときの演技が、とても楽しかったと述べました。 演じた役柄については、イッセー尾形氏は井上氏を突き動かしていたのは、「クリスチャンだったら、迫害に苦しむキリシタンを救うために棄教しなければならない。」という論理であったと述べました。そして、尾形氏はロドリゴとのシーンでこの論理をもって対峙することがとても重要だと考えたと述べました。 また、尾形氏は キリスト教は天空的であり、井上は地上的であるとの見解を示しました。そして、尾形は井上の地上的な側面から、映画の中で高い声で話すことを思いついたと語りました。 窪塚氏はキチジローと窪塚氏をつないだのはイノセントさだったとのべました。映画の中で、キチジローはずるく、汚く、惨めな人物として描かれていますが、窪塚氏はキチジローの中に純粋さを見いだし、そのことが役に近づきやすくしたようです。   この記者会見のyoutubeはtvGrooveによるもので、ビデオのタイトルは‘SILENCE’ Japanese Casts At Press Conference. 「沈黙-サイレンス-」浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形が明かすマーティン・スコセッシ監督のこだわりとは? 以下書き起こしです。敬称略。 司会:浅野忠信さんです。窪塚洋介さんです。イッセー尾形さんです。まずはご登壇の皆様から一言ずつちょうだいしましょう。 浅野忠信:ということで、みなさんこんばんは。えー映画の方はいかがでしたでしょうか?私はあんまり英語ができないくせに通訳の役をやっているわけですが、今日は通訳が隣にいますので、日本語でお話をさせて頂きます本当に今日はありがとうございます。(下線部分を浅野氏は英語で挨拶しました。)本当にマーティンスコセッシ監督に出会えて、僕は大きな成長をすることができたと思っています。それと同時に監督だけではなくて、ここにいるイッセーさん、そして洋介君と一緒に仕事ができて本当に光栄に思っておりますし、映画を見た時に本当にこの二人から学ぶことがいっぱいあったので、本当に僕はラッキーだなということを今感じております。今夜はありがとうございます。 窪塚洋介:みなさんはじめまして。僕は踏み絵マスターのキチジローとして出演しています。(下線部分を窪塚氏は英語で挨拶しました。)  ええ、ご多分に漏れずというか、あの僕の方が英語が達者じゃないので、日本語で失礼します。この映画が持っている力が世界中の人に見て頂いて、それはマーティンスコセッシ監督の作品ということで、世界中の人に見て頂けるチャンスがあると思うんですけど、この映画が持っている力で少しでも良い明日が来ることを、心から願っているし、そう信じています。本当にこの映画に参加できて、心から光栄に思っていますし、この出会いで開いた鍵が開いたと思っています。ただ、それをより向こう側にこのドアを押して開いていく為には、まだまだいっぱい努力しなきゃいけないこともあるので、それのいいきっかけにして、まるで子供のように夢を見ています。今。えー、今日は集まって頂いてありがとうございました。 司会:尾形さん。 イッセー尾形:こんばんは。今日はこのような素晴らしい機会をもうけて、また出させて頂いて本当に感謝申し上げます。台湾で撮影しているときには、こんな日が来るとは思ってもいなかった。本当に撮影に集中した日々でした。マーティンスコセッシさん、あるいはスタッフ、共演者の皆さん、一杯刺激を受けて、俳優としてこれほど幸せなことはないという時間を送りました。今日は様々なインタビューがあると思いますが、まあインタビューは結構アメリカで受けて来たんですけれども、振り返ってみると日によって言うことが違うので、今日1月12日付けのイッセー尾形の発言だと、これを御承知おき頂ければ幸いでございます。 外国人記者(ショーン):あの今イッセー尾形さんのお声を聞きしまして非常に役柄を演じていらっしゃるときの声と大分違うので驚きました。それで特に浅野さんが演じられる通辞役と尾形さんが演じられる井上奉行役はいいわゆるいろんな例えば資料だとかを見てみますといわゆる悪役という位置づけになっているわけですが、私自身非常に共感いたしました。それでお三方に御質問なんですけれども、それぞれの役をどのように解釈したか、悪役といえども、色々そうでない部分があると思うんですが、いかがでしょうか? 浅野:そうですね。あの。僕も決して悪役というつもりでは、受け取ってはいなかったので、とても共感して通辞の役を演じていました。というのは、あのーきっと彼も元々は、そのクリスチャンの宗教の中にいて、それでそういう物を信じていたって思ってましたし、そっからそれが自分の中で信じられなくなった日があってそれでこういう仕事に就いたんだと思ってますし、そういう意味では、彼の中にクリスチャンに対する奥行きがあったんだと思っています。それと同時に簡単ないわゆる何ですかね、まあ、簡単な何ですかね、悪役というか、まあそういう分かりやすい人間じゃないんだなって、分かりやすいポジションに立たされている人間ではないんだとは思ったんですね・・・。というのはその井上様がいて、まあロドリゴがいてという間でいるタイプの人間ですから、そういう意味では、日本でいう漫才でボケとか突っ込みとかいうのがあると思うんですけれども、巧みな突っ込みの気持ちを持っている人なんだと自分は考えて、毎日この役を作るというか考えるようにしていました。 司会:尾形さん。 尾形: キャラクターをどうやって作ったかというのは、この台本、沈黙という台本の文脈からは、決して外れて考えることはできないんですね。で井上のことは全て台本に書いてあります。そしてそれは、僕はビデオオーディションの為に選ばれたシーンがあるんですけれども、それがロドリゴとの対決のシーンで彼を何とか棄教させようとして、彼はキリスト教を女性側室の風に置き換えて、こんな女とは暮らしたくないとかいう台詞があるんですね。だからそこのなかで井上というのは神、あるいはキリスト、信仰そういったものが天空的なものだとすれば、井上は地上的なものなんですね。地上にしがみついている男、そこから井上という役を考えたりしました。多分その地上的な中に「I’m sorry」こういう声も出て来たんでしょう。 司会:窪塚さんは悪役ではないにしてもいかがでしょうか? 窪塚:はい。原作にもありますけれど、弱きものということで、醜くて、ずるくて、汚くて、弱いという役なんですけれども、彼もあまりにも踏み絵を踏むもので、弱いんだか強いんだか分からなくなってきてしまって、何かその裏返し、表裏一体なのかなと思っていて、僕自身のキャラクターとキチジローのキャラクターの間にあった架け橋みたいなの、キーワードみたいなのはイノセントさということだったのかなと今思えば。やってる最中には言葉にならなかったんですけど、今思えば、そのイノセントさというところに、僕とキチジローをつなぐキーワードがあって、現代の今を生きる日本の人、この間1月の5日にアメリカに行った時に「今のアメリカ人は踏み絵を踏むと思う?」 っていうことを何人かに聞いたんですけれど、ほとんどの人がみんな踏むんじゃないのって、みんな踏むと思うよっていうような答えが帰って来たことをふまえると、江戸時代の話ではありますけれど、僕のキチジローという役があることによって、現代、今みんなのもとに共感、この作品自体がすごく近いところに来て共感してもらいやすい作品になっていたらいいなということも思っています。 記者:それではお三方に質問です。まず原作を読まれたかどうか。そして読まれた方は原作との共通点あるいは相違点などそういう気になる点があったかどうか、あるいは読んでいないのであれば、あえてそれは、読まなかったのか。原作とその映画の比較について、お答え願います。 尾形:若い頃一回挑戦して挫折しました。それで今回井上の役と言うことで、井上を中心にもう一回読みなおしたのですが、やっぱり心惹かれるのはキチジローでした。えーやはりこう・・・自分に一番近いのは中でキチジローだなと。で、映画の感想は言いません。答えだけでは。でもその中で、井上のイメージして、本の中だけでは分からなかった井上をスコセッシ監督は想像の限りをつくして、井上のシーンを書いて頂いたんで、とても僕は自由に演じることができました。…

    Read more
  • Tangled: Lantern Tree

    Tangled themed lantern tree is being displayed in front of Hikarie building in Shibuya until December 25th.    

    Read more
  • Konbini

    Konbinis are small supermarkets that are open for 24 hours. The word “konbini” is a shortened version of the English phrase “convenience store,” and people in Japan usually refer to such stores as konbinis. Japanese…

    Read more
  • Hina Doll Painting by Bottle Caps

    I recently went to Konosu to see Konosu Hina festival. Konosu is known for both manufacturing  hina dolls and growing flowers.  I found a painting of hina dolls made from bottle caps. I did not…

    Read more

Archives